★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*
      「全人的医療を考える会」 
      12月関東地区ワークショップ
★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*


全人的医療を考える会・関東地区ワークショップのお知らせです。
12/26(土)に関東地区ワークショップを開催します!


【日にち】  2009年12月26日(土)
【場所】   東邦大学
        ( JR京浜東北線 蒲田駅下車、東口2番バス乗り場から「大森駅」行きに乗車。
         約10分「東邦大学」下車。徒歩約2分。)

【内容】 ワークショップ、交流会 etc.

ワークショップテーマ】    『脳死における臓器移植をめぐる問題』

【申し込み期限】    12月18日(金)           

【定員】     30名 
          ※先着順となっております。お早めのお申し込みをおすすめします!
【参加費】   ¥100    
          ※ 交流会代別途。交流会費は\3,000程度です。

【持ち物】   筆記用具、お昼ごはん

【ワークショップテーマ】    『脳死における臓器移植をめぐる問題』

   みなさんは今年の7月に改正された法律を知っていますか?
   そうです。臓器移植法です。

   1997年に成立されてから、施行後3年をめどに検討されることになっていました。

   しかし、10年以上も放置されてきたということは、
   この法律・この問題から目を背けてきたということになります。  
 

   そのような中、大きく改正された点は、
   脳死を人の死と位置づけ、年齢制限を撤廃し、
   本人が事前に拒否していかなければ家族の同意で臓器移植提供を可能にしたことです。

   これはアメリカやカナダなどの欧米諸国とほぼ同じ内容となっています。

   この改正で、今まで莫大な費用をかけて渡米して行うしかなかった
   小児の移植が日本でできるようになります。

   しかし、現在の日本には脳死に対する抵抗が根強く残っています。
   このような状況の中で私たちは
   臓器を提供する側や臓器を提供される側どちらにも関わることになります。

   改正法施行前にもう一度医療者としての関わり方を考えてみませんか?

【スケジュール】
      10:20 蒲田駅集合
     10:50 オープニング
     11:40 お昼ごはん(各自持参)
     12:40 ワーク
     15:40 クロージング
     16:30 諸連絡・記念撮影etc.
     17:00 撤収・移動
     17:30 交流会

スケジュールは多少変更する可能性があります。

【申し込み方法】  
以下のフォームにしたがってお申し込みください。 (交流会の参加、不参加はフォーム最下部の“その他、質問など”の欄にご記入ください。) フォームが正常に作動しないなどあれば
メールアドレス「zenjin_kantou_mail@yahoo.co.jp」まで。
フォームはこちら

HOMEに戻る